ビルネ・ラーデンのスタッフによる最新情報やここだけのお話をお届けします!

農園オリジナル・共同開発商品

1月もあっという間に過ぎようとしています(◎o◎)!

2019年も1ヶ月が終了しようとしていますが、慌ただしく過ぎる日常のなかでもビルネ・ラーデンでご提供できるサービスに磨きをかけていきます♪

 

【世羅幸水農園 梨・葡萄が使われたフルーツビール】

以前に「梨泡」の名称でお届けしていました世羅幸水農園オリジナルのフルーツビールですが、醸造所を変更して新たなフルーツビールとして生まれ変わりました\(~o~)/

しかも、今回は葡萄も新しく加わりました(^o^)丿

 

 

・梨エール:フルーティーで飲みやすいビールをベースに、農園で育てた「豊水」梨を使用して梨の香りと風味をほんのり感じることができるスッキリとしたビールです。

 

 

・ピオーネヴァイツェン:苦みの少ない白いビールをベースに、農園で育てた「ピオーネ」を使用して葡萄の香りを感じながら、ヴァイツェン特有のバナナに似たフレーバーを味わえます。

 

 

原料(副材料)に、しっかり記載されている「ピオーネ(葡萄)・梨」の文字(*^_^*)

副材料の生産者名も「世羅幸水農園」としっかり記載いただいています(^_-)-☆

 

 

 

広島北ビール様からお声がけいただいて、今回の商品が完成しています。

現在はビルネ・ラーデンの店頭のみの販売ですが、いずれは通信販売でも取り扱いを開始したいと思います。

その際はお知らせしますので、楽しみにお待ちくださいね~♪

 

販売は年中していますが、ご提供できる本数に限りがありますので、結果的に「数量・期間限定」となりそうです(*_*;

(特にピオーネヴァイツェンは、秋~冬にかけての期間限定となりそうです)

 

梨エール、ピオーネヴァイツェンとも「1本あたり/500円(税込)」です。

ご興味がある方は、お見かけの際はお早めにご購入される事をおすすめします\(~o~)/

 

 

世羅幸水農園の梨(豊水)・葡萄(ピオーネ)が使われているフルーツビールのご紹介でした~(@^^)/~~~

天候に恵まれた5月が早くも終わろうとしています。

そろそろ梅雨入りしそうで、来園者が少なくなる時期、店舗内であれこれ考えています( ..)φ

 

 

先週お伝えした「料理マスターズブランド認定コンテスト」ですが、最終ノミネート(二次審査)にすすんで最終選考が行われました。

 

 

【料理マスターズブランド認定コンテストの結果】

2018年5月20日(日)、担当部長が大阪に出向きました。

審査員は「料理マスターズ」を受賞された9名の料理人の方々(他に審査委員長が1名)。その前で、コンテストに出品した食品のプレゼンテーション(説明やPR)を行いました。

 

 

結果は・・・

 

 

 

 

認定ならず!!!

 

 

残念です((+_+))

 

 

【今回の出品した食品の比評】

・かなりの完成度の商品だが、あと一歩の印象。
・インパクトが少し足りない。
・ネーミングは再考した方が良い。
・是非、来年は再チャレンジして欲しい。

 

 

貴重なご意見をいただきました。ありがとうございますm(__)m

的確なご指摘や激励をいただき、今後の商品開発に活かしていきたいと思います。

 

最終ノミネートの商品概要としては「出汁系が2品、乾燥系が2品、調味料系が2品、その他が2品」の8品です。

そのうち、最終ノミネートから認定された商品は「3商品」ほどでした(出汁系、調味料系、その他が各1商品ずつ)。

 

ちなみに、化学調味料不使用、保存料無添加をうたっている商品は「6品」ほどありました。

今の時代は「無添加・無着色」などだけでは商品特徴や差別化にならない、と実感しました。

 

また、どの商品も企画から完成まで数年かけて発売開始、となっているようです。

生半可な商品ではなく、じっくり作り込んで消費者の方々に受け入れていただける特徴や価値を生み出して世に出すことが不可欠、と改めて認識できました。

 

 

来年に再チャレンジして欲しい、というお声もいただいています。

今回の結果と比評をバネに「来年は必ずや認定を!!」と想いも新たに突き進んでいきたい気分です\(◎o◎)/!

 

 

いい刺激を受けました。

 

また認定コンテストに出品した際は、ご報告させていただきます(^^ゞ

晴れ間の続く世羅です。

 

ビルネ・ラーデンも梨の繁忙期に向けて、いろいろ画策中です。

いい形になればいいなあ、といったところです(*^_^*)

 

 

【料理マスターズブランド認定コンテストに参加】

2016年に「料理マスターズブランド」として認定された「なしのチャツネ」ですが、ご好評をいただいていて、主にビルネ・ラーデンの店頭やオンラインショップで販売中です。ホテルグランヴィア広島様の朝食時などでも、瓶ごとまるまるをディップ用としてご提供していただいているようです。ありがとうございますm(__)m

 

2016年にブランド認定された際のなしのチャツネの説明と認定式の様子

(なしのチャツネ、のテキストをクリックしてご確認ください)

 

※料理マスターズとは?※

農林水産省が平成22年度に制定した料理人顕彰制度ことで、正式名称は「農林水産省料理人顕彰制度」です。「料理マスターズ」は一般呼称で、顕彰された方々のことを指す場合と、制度そのものを指す場合があります。制度の実施主体は農林水産省です。

 

 

受賞した一流のプロの料理人の方々が集まって、出品された商品を審査して認定された商品が「料理人マスターズブランド」となります。なしのチャツネは、2016年の第4回時に認定されました(^_-)-☆

 

そして、なしのチャツネの製法をベースに新たな商品開発を続けて、このたび2018年に開催された「料理マスターズブランド認定コンテスト第6回関西大会」に新商品を出品しました。

 

こちらが出品した商品です。

 

 

容器は、なしのチャツネなどと同様のものを使いました(販売時には変更の可能性あり)。

さらに仮称で出品、と商品開発を優先して商品名が決定しないままので出品でした(^_^;)

 

 

結果は...無事に一次審査を通過!!!\(^o^)/

 

一次選考を通過して最終ノミネート(二次審査)にすすんだのは「8商品」。

2018年5月20日(日)に最終選考がありました。

 

 

結果は...次回のブログでご紹介しますヽ(^o^)丿

 

さて、審査結果はいかに?!

毎朝、雪が舞うような天候の1週間です。

あっという間に雪が積もり、晴れ間が見えてくると雪が溶ける、といったことを繰り返しています(日陰は雪が残ることもありますが、、、)。

大量の積雪にならないだけ救いがありますが、気温が氷点下を記録しているのは辛いですね(+_+)

 

このような天候の中でも、いちご狩りにお越しいただくお客様は多数いらっしゃいますが、ビルネ・ラーデンだけを目的に来園される方は少なくなる時期でもあります。

そのため、ビルネ・ラーデンにお越しいただかなくてもオススメ商品をお買い求めいただけるように、通信販売を充実させていきます(*^_^*)

 

今回は、農園が外部業者の方と協力して開発した、農園初の発泡酒「梨泡(なしあわ)」をご紹介します。

 

農園が独自で開発した商品の中でなしみつ、なしのチャツネ、なしのコンポートがあります。

特に「なしみつやなしのチャツネ」は、ハチミツのような甘さ、それでいて植物性のため「健康的で後味がスッキリとさわやか」で、天然の甘味料(砂糖不使用・無添加)として料理やデザートなど、幅広くご利用いただけます。

 

梨を使った商品を開発していく中で「フルーツ発泡酒が世の中にあるなら、梨を使ってできるのではないか」「女性やビールの苦みが苦手な人向けに、食前酒のようなイメージで提供できないかと考えて世に出したのが「梨泡」です。

 

 

岡山市にある「吉備土手下麦酒醸造所」さんのご協力のもと、品種を厳選して「豊水梨」を使うことで、甘さとさわやかさがほんのりと味わえる仕上がりとなりました。

 

ビールが好きな方はもちろん、苦味が苦手な方も楽しく・美味しくお召し上がりいただけます!

豊水梨独特のスッキリとした甘さが舌と鼻で感じられ、シャンパンのような食前酒としてお楽しみいただくのもおすすめです!!

 

梨泡は「ビルネ・ラーデンの店頭」もしくは「オンラインショップ」による「限定販売」です。

既に店頭には再入荷していますので、ご来店いただければご購入が可能です(¥540円(税込)/1本)。

 

 

オンラインショップは準備中ですが、2月初旬あたりまでには販売開始ができればと思います。

 

事情があってビルネ・ラーデンまでお越しいただけない方、もう少しお待ちくださいね~♪

 

※2月19日追記

現在、発送用の箱の選定で手間取っています。少し時間がかかりそうですので、今しばらくお待ちくださいm(__)m

 

【追記】

ちなみに「なしみつを活かした商品を提供できないものか」と思案して、最初に完成したのが「なしみつフィナンシェ、なしみつダックワーズ」でした。

広島市内のお菓子屋さんで、手作りを大事にされている「クッキー屋サリー」さんと共同で開発したコラボ商品です。

こちらもビルネ・ラーデンの店頭で販売していますが、オンラインショップに登場予定です(^_-)-☆