ビルネ・ラーデンのスタッフによる最新情報やここだけのお話をお届けします!

展示会・発表会・交流会

立春を過ぎても春らしさの訪れは一向になく、、、むしろ寒さが厳しくなって、風雪が厳しい状況ですね(*_*;

県境の芸北地域などでは、積雪が2mを超えたとか!!もう雪は充分ですね~(@_@;)

 

2018年1月30日に、広島市南区の広島産業会館で「JA広島中央会が主催する展示会」に出展しました\(^o^)/

 

今回の展示会には、最近のビルネ・ラーデンで人気商品となりつつある、イチオシ商品の「梨泡」をメイン にしてPR(セールスも!)してきました。

 

 

バイヤーの方たちとお話しさせていただいたのですが、いかんせん「お車」でご来場の方が多くて試飲までしていただく方がなかなか現れず、、、味の感想などをいただきたかったのですが、ちょっと目論見が外れてしまいました(*_*;

ただ、商品自体としてはご興味を持っていただいたようで良かったです!アルコールは専門のバイヤーの方を通す傾向があるようで、今後はそうした方面の方と話しを進めることになるのかなあっといった感じです。

ビルネ・ラーデン以外でも「梨泡」をお買い求め(味わって)いただけるように販路を広げられればと思います。

 

 

梨泡メインで推していくつもりでしたが、意外な商品が注目を浴びまして、、、その名も「ジャムじゃにゃ~」(仮)です。正式名称はまだ決まっていませんよ~

 

 

画像でも分かりますが、後ろにある「なしみつ」「なしのチャツネ」を応用して独自製法で開発中の試作品で「ジャム風」の食品に仕上げました(砂糖や蜂蜜を使っていないのでジャムではないのです)

添加物も不使用で「身体に優しいコンセプト」はそのままに、ご利用いただけるシーンを増やして「お手軽にお気軽にお手に取っていただけるよう」な仕上がりになれば、と思います

 

これがまた大好評でして「梨の味がしっかりと分かる割には、アッサリでくどくなく後味スッキリな甘さ」といった感想をいただきましたヽ(^o^)丿

パンにつけたり、ヨーグルトなどにかけてお召し上がりいただける「まさにジャムのようにお使いいただけるジャム風の食品」です。

 

 

農園オリジナル食品の新たな誕生の日も近いかもしれません!!

 

詳細も含めて春先あたりには発表できるかも?!こうご期待ください(^^ゞ

今日から12月、早くも2017年の残りが1ヶ月となりました。一年はあっという間に過ぎていきますねー。

つかの間のゆっくりできる時期に慰安旅行に行かせていただきました。ご不便をおかけしましたが、リフレッシュして新たな気持ちで仕事に励みますヽ(^o^)丿

 

2017年は充実した年でしたが、12月に入ると感傷に浸る間もなく2018年に向けて準備が進んでいます。

毎年恒例の「いちご狩り」も、年明けの「1月6日」から開始予定です。受付は来週後半からの予定ですので、正式な広報まで今しばらくお待ちくださいね~(^O^)/

(正式な広報前にご連絡いただいても受付はできませんのでご了承ください)

 

世羅幸水農園での栽培をはじめとした「世羅梨」は、年々さまざまなところで認知されるようになり、いろいろな引き合いも増えてきています。

今回は「広島で二番目に安くてうまい店」のCMでお馴染みの「酔心(すいしん)」様の系列である「広島酔心調理製菓専門学校」にご招待をいただきました。

 

特別講座「食と農の交流会」において、県内農産品の使用食材をピックアップされた中で、農園の梨が「県内産梨」として選ばれました\(◎o◎)/!

専門学校の外食産業経営講座に参加されている方が、独立までの実践力を習得される一環として行われている授業のようです。

 

 

県内生産者・農産品に対する食材の理解を深めていただいて、地産地消の意識を高めていただくこともあるそうです。

広島信用金庫様がサポートされており、その関係もあって食材として「梨」をご紹介していただきました。

 

11月25日に開催されましたが、専門学校、ホテル関係、飲食業関係、飲料関係、食材提供の生産者などの総勢9名が集まって試食させていただきました。

新レシピ・新メニューのプレゼンテーションと実食があり、レシピを考案された方からのお話しと質疑応答などもありました。

 

当日はとても魅力的な料理ばかりでした♪

 

 

【デザート編】 ムースやパフェヌガーグラッセなどに変身しました\(◎o◎)/!

 

 

【オードブル編】 重ね煮や酢の物、ピザや梨釜といった見慣れない料理がズラリと(*^_^*)

 

 

デザートはもちろんのこと、和食や火を通した料理など目新しい料理法で感心しきりです(@_@)
さすが、独立しようと考えていらっしゃる方の料理だけあって、農園で提供するオリジナル商品の参考にもなります(#^.^#)

 

やる気に満ちた皆さんにお会いして、刺激を受けた貴重な一日でした(^_-)-☆