ビルネ・ラーデンのスタッフによる最新情報やここだけのお話をお届けします!

いちご狩り、週末を中心に皆様にお越しいただいています。

「あきひめ」で始まり、今週末で「さちのか」と、2月あたりから「やよいひめ」が加わる予定です。

 

【りんご まだまだ販売中です】

昨年にお伝えした「林檎の販売」ですが、豊作のために生果はまだまだあります!

ビルネ・ラーデンの直売所で店頭に並べて「シナノ・ゴールド、ふじ、陽光」を絶賛販売中ですよ~(^.^)

 

カゴ盛りで1個売りやビニール袋詰めで販売中。後ろのリンゴには「令和」の文字が。

 

1個売りから袋売り、贈答用の箱売りからご自宅用のお得な詰め放題まで、いろいろな種類をご準備していますd(-_^)

お買い求めいただけるのは、ビルネ・ラーデンの直売のみです。(直売所と通信販売サイトのみ※通信販売サイトはリニューアル中)

 

2019シーズンの林檎は、収穫量も多かったことに加えて、品質もしっかり仕上がって酸味と甘みのバランスが程よく、実もしっかりとした「シャクッ」とした食感を味わえます。

 

生果のままはもちろん、加工しても美味しくお召し上がりいただけます(* >ω<)

特に詰め放題の林檎については、生果よりは加工して「焼きリンゴ、ジャム、アップルパイ」など火を通してお召し上がりいただくことをおすすめします♪

 

リンゴの詰め放題。一袋が500円(税込み)です。7~8個くらいは入るかと。

 

生果を「くし形切り」で召し上がる方が多いかと思いますが、おすすめは「輪切り」です。

それも皮ごとの輪切りが栄養価の高さからもおすすめで、皮と実の境目や芯の周りが栄養が多くあるようで、輪切りにすると無駄なく食べやすく、栄養もバッチリです(*^^)v

 

輪切りにした芯は「スターカット」という調理器具でくり抜くと、より無駄がないですね(`・ω・´)

 

芯をくり抜いて中にバターと砂糖を入れてレンジでチン、とすれば美味しい「焼きリンゴ」が簡単にできます。

 

焼きリンゴの簡単レシピ

・くり抜いた穴にバターと砂糖を交互に詰めて、さらにサランラップをかけて電子レンジで600Wで4分30秒

・材料:大玉1個、バター20g、砂糖大さじ1.5杯

※大きさや林檎の種類で時間は変わるので、実が軟らかくなる程度にお好みの硬さを調整してみてください。

(山形「味の農園」のホームページより参照・一部抜粋)

 

その他、冷凍リンゴやリンゴチップス、コンポートやスムージーなど手軽にできる美味しいリンゴの食べ方はたくさんあります。よければ、ネットでも調べてみてくださいね(^_−)☆

 

生果でよし、加工してよし。農園の林檎をぜひ、ご家庭やご贈答でお楽しみください。

 

ちなみに、林檎の保存は「冷蔵庫」に入れると冬眠状態のようになるので、長持ちしますよ(☆∀☆)

 

その季節に旬の果物を食べて、元気に乗り切りましょう(≧▽≦)

 

 

■ いちご狩りが「1月5日」からスタート!お電話でご予約を ■

 いちご狩りのご予約について

※クリックしてご確認のうえ、ご予約ください。

■ 世羅幸水農園の栽培果樹の生育状況は、公式サイトでご確認を ■

世羅幸水農園の公式サイト

※今は梨の剪定作業を進めています。

■ 通販サイトは「2020年2月初旬~中旬」にリニューアル予定 ■

ビルネ・ラーデンの通販サイト

※現在の通販サイトは「2019年12月31日」で一旦、商品の取り扱いを終了しています。

※日程がずれ込んでおり、申し訳ありません。