トップメインイメージ
皆様に「おいしい」と言っていただける果実ができるよう、日々頑張っています。

東京ドーム13個分の果樹栽培面積を誇る日本最大の果樹農園が、広島県の世羅高原にある世羅幸水農園です。赤ナシ栽培のパイオニアとして、昭和38年に創立しました。現在では、主力の梨に加えてぶどう・いちご・すもも・桃・りんごなどの多品目果樹の栽培、果物狩り(梨狩り・ぶどう狩り・いちご狩り・すもも狩り)をおこなっております。

栽培果樹

梨(なし)
幸水・豊水梨を中心に約10種類の梨を栽培しています。ここでは、梨の栽培行程、品種を紹介します。
葡萄(ぶどう)
人気のピオーネ・安芸クイーンをはじめ、ワイン用品種など10種類以上を栽培しています。
苺(いちご)
さちのか、やよいひめなどの品種を栽培しています。1月上旬から5月下旬までいちご狩りが楽しめます。
その他果樹
梨・ぶどう・いちご以外にも、季節を追って果物を楽しんでいただけるようさまざまな果樹を栽培しています。

栽培果樹

幸水農園では、すもも狩り、梨狩り、ぶどう狩り、いちご狩りが季節を追って楽しむことができます。

ビルネ・ラーデン

ビルネ・ラーデンとはドイツ語で「梨のお店」という意味です。幸水農園で栽培した四季折々の果実、世羅高原の特産物を販売しております。

ページの先頭に戻る